So-net無料ブログ作成
検索選択

のどちんこ [カラダの不思議]





最近はあまり自分の口の中を眺めることはありませんが

子供のころよく扁桃腺を腫らして熱を出して学校をお休みした

そのとき、腫れ具合を確かめるために口の中を眺めていました。

そのとき気になったのが、のどの真ん中に垂れ下がっている

「のどちんこ」・・・いや、その時は別に気にもしなかったが

なんなんだろう程度に思っていた。

「のどちんこ」正式名称は口蓋垂(こうがいすい)という。

旅行出張で複数人で寝泊まりすると気になるのがイビキ・・

このイビキは、のどちんこに原因がある。

起きているときは張りがあってぴんぴんしているが

眠るとダラッと喉の奥に垂れてしまう。

疲れていたりお酒を飲んだ時などは尚更で

それが呼吸するたびに息で震えて音を立てる・・・

これがイビキの正体のようです。

イビキのためだけに「のどちんこ」はあるの?

声を出すときに音を共鳴させて大きく響かせるため、

食べ物を飲み込むとき鼻のほうに行かないように

蓋をするため、など考えられていますが

今一つ役割としてのパンチに欠け

こうした役割説に疑問をもつ学者も多いようです。

事実、「のどちんこ」が無い人もいるようです。

子供のころに鏡で眺めた「のどちんこ」・・

先端が2つに分かれているようになっているのが

標準だと思っていたのですが、その後いろいろと

友人に聞いてみると みんな1つに垂れ下がっている。

私のが稀だったのですね。

さて、本当のところ、どんな役割があるのでしょう。

もしかしたら、必要ないのかな???

 ・

 ・

 1998年宝島社発行「カラダの不思議を愉しむ本!」参照




スポンサードリンク



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。